Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

ベドウィンとの出会い 

Deir ez-Zurを離れ、観光地パルミラへ行こうか迷ったが、

本気ベドウィンにもまだ会っていないし、

適当に途中の村で車を降ろしてもらった。


村の名は、As-Sukhna(スクナ)。

宿が無かったが、ガソリンスタンドの好意で無料で寝かせてもらった。

As-Sukhna

ガソリンスタンドで地図を見ると、30kmほど北に遺跡がある。

As-Sukhna

Qasr al-Heir al-Sharqi(カサラ・ル・ヒール・アルシャルキ)という遺跡だ。

As-Sukhna

いかにもベドウィンなおじいさんが車で連れてってやると言う。

いくらかの金を渡し、砂漠の中をまっすぐに伸びた舗装路をすっ飛ばす。

遺跡に着くと、辺りを見回す。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

羊がいる。

テントは遺跡の管理人のテントがある。

まあ、いいか。

ということで、無理やりここで目的達成とすることにした。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

羊の群に向かって進むと、二人のベドウィンの少年が。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

彼らとたわいも無い会話をしながら、遺跡をさくっと回る。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

管理人のテントでは近所の羊飼いのおじさんがシャーイを飲んでいる。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

仲間に入れてもらい、甘いシャーイを頂く。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

乾いた喉に砂糖が張り付き、余計に喉が渇く。。。

Qasr al-Heir ai-Sharqi

黄昏時にテントを後にし、ガソリンスタンドへと戻った。

As-Sukhna

[広告] VPS


スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 0  /  Syria

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/87-e6d1819c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。