Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

荷馬車は行くよⅠ 

深夜のブダペストを後にし、夜行バスは一路ルーマニアへとかっ飛ばす。

Transilvania

朝、霧に煙るトランシルバニアの小さな町でバスを乗り換え、

眠い目をこすりつつやってきたのはルーマニア北辺の地、マラムレシュ地方。

Sighetu Marmatiei

東カルパチア山脈一帯に広がるのどかな田園風景。

天気良好。

人々は中世さながらの干草作りに勤しむ風景が至る所に見られる。

10分歩けばもうそこはウクライナ。

ヨーロッパ最後の秘境と呼ばれる地方だと、何かの本で読んだ。

Sighetu Marmatiei

イギリス人の経営する10ユーロの宿にチェックインし、

バックパックをどさっとベッドに降ろすと、外から呼ぶ声が。

大きなりんごの木の生える庭に行ってみると、バーベキューのお誘い。

そうか、今日は日曜だ。

どうりでここシゲット・マルマツィエイの町のあちこちで正装した人々が、

ミサへと繰り出していたわけだ。

宿のゲストはフランス人のパスカル氏27歳と、僕だけ。

Sighetu Marmatiei

翌日、ブタとニワトリの鳴き声で目を覚まし、

世界一”陽気な墓”と呼ばれる近くの墓地へと足を向けた。

バス停に着くとちょっと内気なパスカル氏も現れ、一緒に墓までローカルバスの旅。

数台の荷馬車を追い越し、約30分ほどでサプンツァ村へと到着。

Sapanta

当時27歳という僕と同い年の青年が、1935年に始めたという"陽気な墓"作り。

ローマ帝国のラテンの血を引き継ぐルーマニア人だからこその発想だ。

Sapanta

生前の個人の有様を現した彫刻が墓標に彫られていて、見ていて飽きない。

Sapanta

決して上手な彫り物じゃないけど、温かみを感じるし、

いってしまえば下手くそだからこそ、さらに陽気に見えてくる。

自分の墓はどんなのになるのかな~なんて想像しながら歩く。

Sapanta

町までの帰りのヒッチハイクの途中、

「あの話だけど、一緒にいってもいいかな?」と、パスカル氏。

ここへの道中、地図を広げてパスカル氏にある計画を話した。

二泊三日で地図に無い山道を歩く、中世の村巡りの旅。

ツアーなんかじゃ面白くない。

一人よりも二人。

ってことで、

翌日からちょっと内気なパスカル氏との、牧歌的な徒歩の旅が始まった。

スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/09/18 12:35 * 編集 *

Re: ごぶさたしてます

>あいこさんへ

サプンツァとても良かったですよ~!
墓だけじゃなくて人もいいし、
おばあちゃんがみんなマトリョーシカみたいでカワイイ!
マラムレシュ地方、とってもおすすめです。

Zack de la Mita #- | URL
2010/10/10 01:11 * 編集 *

Re: ごぶさたしてます

あいこさん

おひさしでーす。
見ていただいてありがとうございますー。
サプンツァは素敵なだけでなく、何かアツイものがありますね。。。
ぜひ行かれてみては!?
せっかくだから、田舎巡りも最高ですよ!
ほんとルーマニアはヨーロッパの中でも当たりでした。
トランシルバニアとか、見所はいっぱいあるみたいですけどなかなか見切れないですね。
ルーマニアかなりでっかいので。。。

それではまたです。

Zack de la Mita #- | URL
2010/11/07 21:53 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/70-a61910d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。