Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

お墓の街 

クルグズスタンの首都ビシュケクを後にし、

カザフスタンを経由してウズベキスタンへ到着した。

カザフはシムケントという街に二泊したが、

新しい計画都市のため全く見所がつかめず、

無駄に市バスに乗り込んで、この綺麗に整備された街を散策した。

Symkent

結果、目新しいものは何も見つけられず。。。

というか新しすぎて興味が沸かない。

そのうち記憶から消えてしまいそうな街だった。

ウズベクの西の果てから再度カザフに入るので、

もっとディープなエリアであることを期待。


ウズベクとの国境は数箇所ある。

勢いよく乗り込んだ国境行きのバスは、外国人が通過できない国境に到着し、

泣く泣くタクシーで120km離れた国境まで。

お気に入りのウズベキスタンは人生二度目だ。


首都タシケントでビシュケク仲間と合流し、また宴会生活に突入。

アゼルバイジャンビザの申し込み手続きを終え、

前回と同じく鉄道は特急シャルク号に乗って日本人8名の大移動が始まった。

Tashkent

到着したのは、青の都サマルカンドだ。

青い幾何学模様のタイルが張り巡らされた、

今にも宇宙へ向けて発射しそうなロケットにも似た中世の巨大な建造物は、

前回来たときと何も変わらず、どっしりと鎮座している。

Samarqand

これらは全部お墓。

サマルカンドは中世オアシス都市であると同時に、

特大サイズのお墓の街なのだ。

Samarqand

しかし中世から変わらないのはこの巨大すぎる墓くらいで、

2年前と比べると古い商店やレストランは消滅してしまい、

日本のアウトレットショップのモールのような景色が至る所に。

Samarqand

露店が並んでいたレギスタン広場前の空き地は、

無駄に何百個もの照明が碁盤の目のように並ぶ、人気のない公園になっていた。

立ち退きで現地人が減ったのか、

レギスタン広場からバザールまでの一本道は以前より人気がなく、

みんな旅行者を珍しがらなくなっていた。

Samarqand

少し悲しいような気持ちで歩いていると、アウトレットモール群の隙間に謎の扉が。

その扉を開け、頭をかがめてくぐってみると、

そこには旧世界とまでは行かないが、白い土壁の家々が軒を連ね、

子供たちが駆け回り、老人がにこやかに笑顔を向けてくる世界が存在していた。

Samarqand

朝遅く起きてバザールを散策し、

行き止まりだらけの旧市街を練り歩き、

お気に入りのシャーヒ・ズィンダ廟で夕暮れを待つ生活。

Samarqand

最近若い人が亡くなったらしい。

旧市街で遺影を見た。

その人の葬式かは分からないが、

正装した大勢の男たちがシャーヒ・ズィンダ廟で祈りを捧げていた。

Samarqand

長く座っていると、地元の人たちに何度か囲まれる。

Samarqand

どこから来た?名前は?ジュモン(韓国の人気ドラマ)か?

Samarqand

つたないロシア語でギクシャクした会話を楽しむ。

Samarqand

夕暮れ時になるとみんな帰っていき、やっと静寂が訪れる。

Samarqand

ここは中央アジアだけど、なんかアジアという感じがしない。

Samarqand

クルグズスタンから西はロシアと中東のミックス地域のような印象だ。

文化はトルコ寄りだし、街を歩くとトルコ語も聞こえてくる。

Samarqand

旅行のスタイルも、今までのアジアの旅から変わった気がする。

今までのように山あり谷ありを一人でガツガツと前に進むのではなく、

観光地を巡りながら仲間と楽しく過ごす感じだ。

ヨーロッパに近づくとはこういうことなのかと思う。

Samarqand

タジキスタン国境近くの町、ウルグットの大きなバザールでは、

ウズベクの伝統的な刺繍を織り込んだスザニの市場を見た。

Urgut

迷路のようなこのバザールを抜け、近くの丘までウォーキング。

Urgut

車の往来の激しい通りを過ぎ、静かな村にさしかかる。

Urgut

途中では21歳になるニコニコしたウズベク青年の家に招かれ、お茶を頂く。

Urgut

バザールでズボンを売る仕事だそうだ。

Urgut

中国のウルムチまで飛行機で飛んで、仕入れ。

Urgut

観光もせずすぐに帰ってくるのだという。

Samarqand

宿に帰るといつものように、

仲間たちとウォッカとビールを空け、バックギャモンで一夜を明かす。

Samarqand

そんなゆるすぎる生活も既に終了。

Samarqand

さらに西へと一人旅を始めなくてはいけない。

アジア旅のガツガツした感覚を取り戻さなくては。
スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/07/06 02:21 * 編集 *

川島モーツアルトさんへ

コメント(管理人のみ閲覧可)頂きありがとうございます。
そしていつも見て頂いてありがとうです!
名前やばいっすね。

写真は完全に好きでやってるだけです。
機種とかよく使う設定は下記です。

本体機種:SONY α200
ヨドバシで店員に進められるまま買いました。
激安くて、ファインダーが比較的見やすいのが特徴のようです。
今はコンパクト並に安く売ってるはず。

レンズ機種:
・・パキスタン以前はSONY SAL16105
16mmから105mm F3.5-5.6のレンズです。
結構、広角から望遠まで使えて重宝したのですが、フンザでぶっ壊れました。
・・パキスタン以降はSIGMA18-50mmEX MACRO
F2.8通しのヤツです。
望遠効かないので、ぐいぐいっ!!と広角で寄って撮ってます。

設定はいたって単純です。
人を撮るときはF2.8くらい、景色を撮るときはF8以上で、
(´Д`;)ハアハア言いながらシャッター押すだけ。

こんなんでどうでしょう?
モーツアルトさんは今は旅行中ですか???

Zack de la Mita #- | URL
2010/07/06 16:47 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/46-41f2ec3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。