Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

天空ドライブ 

オシュは気に入った。

特にバザール。

Osh

規模は大きく、商品は見ていて飽きるけど、

人の服装や顔つきが様々で、飽きない。

Osh

人柄も穏やかで、やさしい感じがする。

Osh

旧ソ連の慣わしなのか、

面倒な滞在登録をオフィスで完了し、肉を食いまくる。

Osh

巨大な羊の串焼き”シャシリク”が、たった50円!

Osh

たらふく食ったあとは、次の目的地、ジャララバードへ向けて車探し。

そしてまたバザールの徘徊。

Kyrgyzstan

ジャララバードへはタクシーで2時間。

バスは不通のようなので、高いけど仕方ない。

オシュ-ジャララバード間はなだらかな丘陵地帯で、

景色は最高。

Kyrgyzstan

ユウタマエダ氏のiPODを車につなげ、BGMも完璧。

最高のドライブだった。

Kyrgyzstan

ジャララバードはなんてことはない町。

Jararabad

町の人に見所は何?とインタビューすると、

自信満々で、「無し!」との回答が得られる。

Jararabad

寂れた旧ソ連時代の建物に泊まり、

翌朝には首都ビシュケクへと出発した。

休憩を入れて、約10時間のドライブだ。

Kyrgyzstan

乗り合いタクシーの乗員は、

ウズベク系の顔の陽気なドライバー、

クルグズ系の気のいいおばさん、

そのおばさんのお母さん。

彼女らは陸路でモスクワまで行くという。

みんな巨大だ。。。

Kyrgyzstan

ロシア語やお茶をカップに注ぐときのマナーなんかを教えてもらい、

丘陵地帯を抜け、山岳地帯、雪山地帯、そしてまた丘陵地帯へと抜けていく。

ウズベク系が多いオシュと違って、北部のビシュケクはロシア系が多い。

またもや巨大なロシア人のママが切り盛りする、

場末のうらびれたバーで食事を取り、その夜は泥のように眠った。
スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

No title

シャシリク50円いいね。凄まじいワッキーが想像できます。
そういやミャンマービールも50円だったよ。

Acaka #- | URL
2010/05/15 22:46 * 編集 *

Re: No title

Asaka様

まさに想像を絶するワッキーです。
こいつをぴちゃぴちゃっとAsaka様のお鼻にくっつけられないのが残念です。
ミャンマーで飲むビアー、いいなー!

Zack de la Mita #- | URL
2010/05/22 19:32 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/42-a7f00a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。