Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

もっと北へ 

ゴア、ムンバイは表面しか見ていない。


ゴアに関しては、ホーリーという色粉ぶっかけ祭りに重なったためか、

インド人観光客がカラングート・ビーチを埋め尽くすというおぞましい光景を目にした。

白い腹をショッキングピンクやグリーンに染めた老いた白人も、砂浜の至る所に転がっている。

ヒッピーは聖地を守れなかったようだ。

Goa

インド最大の都市ムンバイは英国風の綺麗な街といった印象。

しかし、それはほんの一部の話であって、街の南から北の端まで列車に乗ったが、

車窓からバラックが城のように幾重にも積み重なる巨大なスラム街を見た。

インドNo1の巨大都市らしく、貧富のコントラストがどの都市よりも強いと感じた。

Munbai


ラジャスタンと呼ばれる西インドの砂漠地方には、

ピンクや白や金などといった、色を特徴とした街が存在している。

今回はその中で、ブルーを選択。

街の名は、ジョードプル。

Jodhpul

多くの家々は薄いブルーに染め上げられているが、すべての家がブルーというわけではない。

まだらに白、砂漠色が混ざっている。

そのコントラストは、おそらく青一色よりも、やさしい。

空に目をやれば砂漠の乾燥して澄み切った青い空、白い雲。

そして地上にも同じ色が眼前いっぱいに広がっている。

Jodhpul

旧市街の中心には、巨大な古城がある。

この城からは城下町を一望でき、街歩きに疲れた夕刻には、

城壁の縁に座り、夕焼けを見るのが日課だ。

Jodhpul

この街での話し相手は、オムレツ屋のVicky青年 19歳。

11歳からオムレツ屋を始め、隣のおじさんのオムレツ屋と競っている。

「はい、チーズオムレツサンド50円。ねえ、ハガケンジ知ってる?」

Jodhpul

この街の人々は、穏やか。

誰が言ったか、砂漠の民は水を奪い合ってきた故に、

気性が荒く、狡賢いと聞いたことがあるが、行ってみないと解らないものだ。

しかし、一度だけ不意に、後から棒で中学生に本気でぶっ叩かれた。

この旅でぶっ叩かれたのはもうすでに3回目だ。

Jodhpul

一度目は、エベレスト帰途、ヤクの角の重い一撃を太ももに喰らい、崖に落ちた。

幸い、1m下に突き出した段差があり、そこに落ちた。

急な崖でもなかったので、ひどいアザを作っただけで済んだ。


二度目は、インド入国の際、バスの中で強盗に殴られた。


今回のぶっ叩かれについては、

1ルピーくれと言われて、断った挙句、やられた。


もちろん棒を拾い上げ、力の限りぶん投げて応戦した。

棒は20mほど、縦に回転しながら、青い街の路地を飛行し、

奴めがけて一直線に唸った。

しかし、奴はすでに走り去った後だった。

ちっ!すばしっこい奴め。

Jodhpul

応戦したのは理由があって、イライラしていたのだ。

パキスタンビザの取得に失敗した。

ネパール、バングラデシュ、インドのうち、

ネパール、バングラデシュでは取得可能、インドでは不可と聞いており、

バングラデシュで試みたがNGになっていた。

ネパールに戻らなければいけない状況のうえ、

最近、ネパールで取得不可能だったという噂を聞いた。

この新情報が決定的に、己の精神にダメージを与えた。

ジョードプルの青い街並みが、灰色に変わった瞬間だった。

すべて春の北東パキスタン到着を念頭に組み立てられている。

杏の花が満開に咲き誇る、雪山の中の風の谷、桃源郷、ただそこへ行きたいのだ。

Jodhpul

ジョードプルの後は強行日程。

アグラのタージマハルを見た。

門をくぐる一瞬前に、

その門が額縁となり、白くきらきらと輝く巨大建築がその中心に現れる。

それまでは、見えない。

Agra

この構造は、

アンコールワット、東インドにあるプリーのスールヤ寺院と同じで、

感動をいっそう駆り立てる。

そこでは誰もが一瞬、完全にフリーズする。

本当に、にくい演出だ。

インドのクライマックスにしようかと思ったが、

12年に一度の世界最大の祭、"クンブメーラ"にそれは譲る。


パキスタンビザについては、

その後、デリーにて小細工を仕掛け、

取得可能になったので、一気に気持ちも楽になった。

そして今はデリーを通りさらに北へ。

チベット臨時政府のあるダラムシャーラーへと到着した。

スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 2  /  India

この記事に対するコメント

No title

ビザ取れてよかったね。

そういや9月下旬はどこ予定?
アルメニアか東欧いくかも。。。

トチギとの決着がつく前に、インドの中坊にやられないように。

Asaka #- | URL
2010/03/10 22:41 * 編集 *

Re: No title

Asaka殿

よかったです。かなりあせってましたので。。
9月下旬は、はっきりわからないのですが、
たぶんチュニジアとか、地中海あたりかと思います。

アルメニア、グルジアは7月頭くらいかなあ。
ちょっと厳しそうですね。。。

Zack de la Mita #- | URL
2010/03/11 16:33 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/30-04a233ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。