Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

南へ 

カルカッタを後にし、

田園風景、椰子の群生を眺めながら、

インド最南端であるコモリン岬を過ぎ、コヴァーラム・ビーチまでやってきた。

カルカッタを出て最初の村であるプリーでは、とても妖しげな日本人たちに出くわす。

彼らの溜まり場である日本人専用宿は、宿泊したら最後、外出できなくなりそうだった。

South India

一泊二食&チャイ付き、計280円くらいらしく、インターネットもあるとか。

自分と同じ宿に泊まっていた日本人のおじさんとビールを飲みに、ここへは夜になると訪れていた。

そしてこのおじさんも、かなりのナイスガイだが、妖しすぎる。

昼間はモテるために海辺で日焼けし、夜は笛の音を村中に響き渡らせる。

人は彼のことを、”山の人(仮名)”と呼ぶ。

South India

そして、さらに妖しい猛者がその日本人宿にいた。

”笛の人(仮名)”だ。

見た目は渋いご隠居さんだが、夜になると、例の如き、笛を吹く。

若者の下品な会話の途中、句読点を打つように、

彼は、何故か妖しく悲しい笛の音を奏でるのだ。。。

South India

”山の人”に見送られながらそんな妖しいプリーに別れを告げ、

チェンナイ、マハーバリプラム、チダムバラムでそれぞれ一泊。

South India

マハーバリプラムでは、落ちそうで落ちない岩や、海岸に立つ寺院を見た。

South India

このチダムバラムには、”踊るシヴァ”を祀ったナタラージャという寺院がある。

この旅では多くの寺院や遺跡を訪れていたが、久しぶりの当たりだった。

広大な正方形の敷地の四辺にそれぞれ一基ずつ、明らかに狂ったデザインの巨大な門がある。

にやけて踊っているその辺のインド人のおっさんを、そのまま門にたくさん貼り付けた感じだ。

そのひとつをくぐると、大きな平べったい寺院があり、

その中はひんやりした空気が流れていた。

South India

夕刻にはプージャーと呼ばれるヒンドゥーの拝礼式が執り行われ、

たくさんの火を燃やし、白い布で体を包んだ僧たちがそれを囲んで座し、トランスしている。

サリーを着ちゃった欧米人も、虚ろな目をしてみたりして、同じく座している。

1000年の昔に建てられたこの寺院が、いまだに現役。

柱も屋根も手入れされ、朽ちていない。

この世界的には無名な寺院でさえこれだけの凄みを放っているのだから、

アンコール・ワットが現役の時代を想像すると、すさまじいことになる。

ここの凄まじいプージャーを見ていると、

なんだか神様とは的なことについて、いやでも考えさせられる。

South India

もし神様がいるとしたら、

きっと彼らは世に言うそれぞれの神様たちの形をした駒を持ったおっさんグループで、

地球を舞台に陣取りゲームをしているのだろう。

祈る声が多いほどMagic Pointが上がって、

核爆弾、異常気象、火山噴火などの魔法や、

無人偵察機+爆撃機能などのコンボ技を使うことができる。

最後に地球全部を100%埋め尽くしたほうが勝ち。

South India

イスラムは一日に何回もお祈りするデフォルトだから、

かなりMPがあがってきているが、大技をすぐには使わない作戦だ。

チベット仏教徒は常にオンマニペメフムを唱えているので、

潜在能力は他を遥かに凌駕する。

信じられないことだが、

彼らは朝から晩まで、会話以外の瞬間には常にこの言葉を反芻している。

South India

そして、おっさんグループはたまに”使者コマンド”を使って使者を送りこんで、

平和を唱える人とか、宗教を超えた結束を!とか言う人の暗殺とかの工作をする。

たまに、クリシュナとか、麻原とか、途中参加の新キャラが割り込んでくる。

グループ会員なら、オンラインで誰でもすぐに参加できるのだ。

無宗教派のおっさんも一時勢力を伸ばしたが、いまいち民に結束力がない。

South India

呆けたように、そんな根拠もなく、くだらないことを考えながら、

だらだらと炎天下の印度亜大陸を南下し、

いつの間にか最南端に到着していた。

South India
スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 4  /  India

この記事に対するコメント

No title

日本人専用宿は安いっすね。

これから、GWに向けて計画中です。(上司承認済)

とりあえずバンコクから、どうするかで考えてましたが
インドもよさそうだね。

NAMBA #- | URL
2010/02/17 22:27 * 編集 *

Re: No title

NAMBA様

日本人宿は安いし居心地いいから動かなくなっちゃうみたいですね。
しかしさすができる男は休暇承認も迅速!

それでは今からトイレの壁に地図貼って、ダーツ投げちゃってください。
僕としてはパキスタン希望ですので、投げるときは向かって左上を意識で宜しくです!

Zack de la Mita #- | URL
2010/02/22 18:52 * 編集 *

No title

インドは行きたいような行きたくないような国。

写真や文を読んでるだけでゾクゾクしてくる。
好い旅してるね!!!

edo #- | URL
2010/02/24 00:40 * 編集 *

Re: No title

edo様

おれなんかいつもサリー姿で沐浴しているおねいさんを見てゾクゾクしてるゼ!
カンボジアお帰り!おれももう一度いきたいよ。
来年の夏はユーコン川で待ってるから、よろしくね。

Zack de la Mita #- | URL
2010/02/28 00:37 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/27-df8fb286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。