Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

美的温哥华 

"Welcome to beeeeeeeeautiful Vancouver!!"

そんなWest jetの粋な機長の声で目を覚ました。

LAを飛び発った飛行機はほんの3時間くらいでバンクーバー上空に到達。

Vancouver

アライバルのゲートを抜けると、懐かしい顔がポケットに両手を突っ込んでニヤニヤしていた。

ラオスはバンビエンでのイカレた川くだり、どろんこレスリング、

そしてルアンナムタでのアカ族の村へのトレッキング。

Nilsとは短い間だったが楽しい時間を共に過ごした。

Vancouver

ヤツの彼女Lyndsyの操るキャンピングバンに乗り込み、いきなり市内ツアーへ出発。

Nilsの妹のHaleyも一緒だ。

まずはダウンタウン。言わずもがなビルが林立する商売タウンだ。

そしてHastings st、この通りはインディアン&イヌイットの乞食、

それからヤク中がたむろするもっとも治安が悪い場所のひとつと言われてる。

けど真相はわからん。



そしてCommercial drive、ここがバンクーバーの一番ヒップな通りらしい。

サンフランシスコのHaight Ashburyに比べたら全然だけど、

ぶっとんだ若者は一応ここに集まる。


そのままNilsの友達で、

後に僕の隣人になるNicolai、Gabe、Liamの愉快なアホ三人組みの家に車が停まった。

Vancouver

翌日のハロウィーンパーティーへ向けての会議をだらだらと開き、

それも飽きたところで歓迎会ってことで遊園地へと拉致られる羽目に。。。

Vancouver

しこたまビールを飲んで、

けっこう凄いジェットコースターやら船がぐるぐるで逆さになるヤツやら、

片っ端から乗せられてヘトヘト。

遊園地はハロウィーン仕様で、チェーンソーぶん回してるヤツやら、フランケンシュタインやら、

バグッた雰囲気。。。

そこへナイスなタイミングでボリビアで出会ったアキさんから着信。

家が見つかるまでは彼の家で居候をさせてもらうことになっていたのだ。

マフラーの取れたシビックが爆音を唸らせて夜のバンクーバーをすっ飛ばし、アキさん宅へ。

おなじく居候のモコさんと、家の借主のRobも一緒にみんなで乾杯。

カナダと日本のスラング(下ネタ)について熱い議論を交わした。

初日からぶっ飛んだ感じになってるんですけど、この街、大丈夫だろうか。。。


スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/197-792897c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。