Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

大地の女神 


日本がFUJIROCK FESTIVALの熱狂に包まれている中、

「大地の女神パチャママ」に感謝を捧げるお祭り、

「Pachamama Hatun Festival」に参戦してきた。

3日ほどぷらぷらと歩いて到着したオリャンタイタンボの町でゆっくり体を休め、

コンビという乗り合いワゴンを乗り継ぎ、

適当な村に泊まりながら聖なる谷をクスコ方面へと戻る。

到着したのはピサック村の手前にあるコヤという寒村の周りに広がる畑のど真ん中。

まずはテントを広げ、ウォッカを一杯やりながら夕暮れを待つ。


太陽が沈み、だだっ広い農閑期の畑のあちらこちらで大きな火が焚かれ、

ヒップな旅の途中の老若男女、現地の農民とその子供たちまでもが火を囲み、

それぞれ持ち寄った数十の太鼓が原始のリズムを叩きだす。


メインステージを囲みトランス、テクノに身を任せる者、火を囲み話に耽る者、

火を自在に操り音と熱狂の中心にいる者、静かに瞑想する者、

火の周りで踊り狂う者、それぞれが思い思いの時間を過ごしている。


聖なる谷の上のほう、黄金色の農耕地帯に住まう人々と交流し、

大地をゆっくりと踏みしめて歩く穏かな旅もこれで終わり。

この小さな冒険の最後の締めくくりに相応しい、大地に感謝する祭りだ。



太陽と大地に感謝しっぱなしのラテン・アメリカの旅も終盤を迎えようとしている。


てか、ペルーはほとんどどこにも行ってないんだけどね。。。

マチュピチュも行かなきゃ的な義務感あるけど、行く気ないんだよね。

2500人の入場制限で予約待ちって、、、人多すぎでしょ。


そんな感じでカナダでの労働の準備のため、そろそろ一時帰国でもしようかな。


バンコクから出発しモロッコから一年以内で帰って

普通の七三分けの日本人の生活に戻るつもりが、

甘い香りを放つ街の光に次々と魅せられいつの間にか結局2年と一ヶ月も経ち、

世界中の挨拶を覚え、様々な人種、宗教の人々と出会い、

三日に一回、石鹸で洗ってた髪の後頭部は自然にドレッドヘアーになってしまい、

頬を痩せこけ、自慢の真っ赤なバックパックは半壊し、

心躍らされる光景をそのファインダーから何万回も覗かせてくれた安物の一眼レフも半壊、

幾千もの道を砂埃を舞い上げ大地を踏みしめてきた靴は五足目を超え、

なぜか今は南米大陸にいる。


免許更新して、VISAカード更新して、サッカーやって、

焼酎飲んで、スシ食って、焼き鳥食って、墓参りして、

キャンプして、トレッキングして、

ギター弾いて、ぶっ壊れてるカメラを新調して、農道をドライブして。。。


、、、その前に、家はあるのか!?




スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 2  /  Peru2

この記事に対するコメント

相変わらず写真最高だね!これからカナダで働くのか~
帰ってきたらゆうた君と共に会いたいものです。

えり #- | URL
2011/08/10 14:41 * 編集 *

Re: タイトルなし

えりちゃん>あざっす!カナダで働いて、ついでにむこうで勉強したいことがあるから進学したいな~って考えてるよ。ちなみに、昨日帰ってきました(笑。
また別途、あとで連絡するね~。

Zack de la Mita #- | URL
2011/08/11 16:23 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/192-1eda0ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。