Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

さよならボリビア 


太陽の島から戻ったコパ・カバーナがにわかに騒がしくなっていた。

どうやらすぐにペルーのプーノがストライキに入るらしい。

すぐにここを出発しなければならなくなってしまった。

荷物をまとめているときにジュリアンが代理店を歩き回って、

僕のペルー行きのチケットを確保してくれ、なんとか出発はできそうだ。

でも後で聞いたけど、

そのチケットを買うときにジュリアン、なぜチリ人の女の子をキレさせた??

相変わらず騒々しいやつめ。。。


3ヵ月半もの間お世話になったまるこさんともここで一旦お別れ。

彼女はアルゼンチンやらパラグアイやらを駆け抜けてからペルーに来るそうな。

ジュリアンはブラジルへ抜けるそうだ。


「おいキョーヘー!そろそろ泣く時間だぞ!」

まったく、うるせーなー。。。

ハグし、イタリアかぶれのジュル様、次はローマで会おうぜ!とキザせりふを吐いて、

ずっと僕のバスの周りをうろうろして窓からのぞいて変顔したり、

突然中に入ってきて大声でジャパニーズボーイはどこだー!?って大声あげたり、

もう恥ずかしいよ。。。

おかげで、バスのみんなが僕をジャパニーズ・ボーイって無駄に呼び出す始末。。。


バスはコパ・カバーナを発ち、隣町のイミグレオフィスへ。

ここで21日分の不法滞在分の罰金を払うのだが、

職員と折半してお互いのポケット・マニーにしてしまった。。。

でも、それまでに一時間程、職員と揉めてしまいバスを待たせてしまった。

バスに戻るとなぜか拍手で迎えられ、その時にバスに乗ってたツーリストたちと打ち解けた。

チチカカ湖の南を通ればプーノまで3時間くらいだが、

今回は湖の北を通って9時間の道のり。

しかも予定と違って当日に到着できず、途中の寒村で一泊。

この時、ペルー、エクアドル、イスラエルの女の子、

カナダ人のカップルと仲良くなる。

ペルーのValeriaは18歳なのに大学生という才女。

エクアドルのAndreaも20歳そこそこでバイオロジスト。

イスラエルのDaliaはさすが豪快な感じ。。。

4人で温かいクリーム・パスタを作る。

Way to Peru

この日は長時間の移動の疲れからか、ぐっすり眠れた。



スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/178-16d0149b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。