Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

グラシアル・クエスト Day4 


最終目的地であるLaguna Glacialに向けて、

炭鉱夫たちのアドバイスどおりにキャンプ地の裏手の小山を登る。

背の低い植物が埋め尽くす丘陵を歩くとしばらくしてLaguna Chilattaらしき湖が現れた。

この湖はそこまで綺麗なものではなかったけど、

バックにはイリャンプー・アンコウマ・マッシフ。

Illampuは6368m、Ancohumaは6429mの巨大な岩と雪の塊。

この辺りから見えている雪の塊は、Pico Schulze、5943mのようだ。


小休止して、Titisani Tine Mineという炭鉱を目指して歩く。

別に炭鉱を訪れるわけではないけど、

Laguna Glacialへ行くにはこの炭鉱を通り過ぎるため、

道を間違えていないかの確認のためにも発見しなくては。

Laguna Glacial trek

比較的なだらかで湖が点在する丘陵を歩き、

最後に険しい崖を登り、そしてまた降りると炭鉱らしきものが眼下に見えた。

今日は人は働いていない様子。

Laguna Glacial

炭鉱目指して崖を下りきると、目の前は完全に巨大な雪山だけになった。

この雪山を迂回しながら、Laguna Glacialを目指して再び歩き始める。

Laguna Glacial

標高は4600mを越えた。

天気が良く風もないおかげで、歩いているときはTシャツで十分。

Laguna Glacial

順調に歩き続けるが道がとても分かりづらい。

ポピュラーなルートではないのでトレイルも曖昧だし、本の説明だけでは不十分。

たまに一人で先行して、

石ころだらけの崖を100mほど登って上からルートを確認しなくてはいけない。

Laguna Glacial

最終的に、これを越えればLaguna glacialだ!と思しき場所に辿り着いた。

しかしそこは、すべすべの一枚岩の上を水が流れており、

しかも傾斜がきつく、素人が登ってしまったら降りられなくて落下するようなものだった。

そもそも岩に張り付いて登ってみようとしたけど3mも登れない。

結局、雲が出てきたのも手伝い、ここでLaguna Glacialへのアタックは諦めることにした。

標高はもう約4900m~5000mくらいまで来ているだろう。

Laguna Glacial trek

4:00PM、来た道を戻っていると完全に霧に包まれてしまった。

険しい箇所はもう越えていたので危険はないのだが、

方向を見失わないようにコンパスを逐一チェックしながら歩く。

Laguna Glacial

先行するヨシ君を完全に見失い、

いつのまにか来た道ではないところを歩いていた。

Laguna Glacial

なんとなく見覚えのある谷にでたが、まだ確信がもてない。

持っている食料があとどれだけあるかとか、

ヘッドライトの電池はあるかとか、

夜にはどのくらい冷えるのかとか、そんなことを考え始める始末。

そんな僕の心配をよそに、まるこさんはもう帰り道が分かってきていたらしく、

どんどん谷を下っていくことに。

Laguna Glacial

霧の合間からオレンジ色の我々のテント、炭鉱夫の四駆が見えた。

一時はヒヤッとしたけど、やっとこれで帰れる。

安心感とともに、ヨシ君の安否が気がかりになる。

目を凝らすと、テントの横でモゾモゾと着替えをしている人影が。

ヨシ君も迷ってしまったらしいけど、無事帰れたようだ。

仕事終わりの炭鉱夫たちもお出迎えしてくれた。

Laguna Glacial

最終目的地には辿り着けなかったとはいえ、

息を呑むほどの景色や村人との交流も楽しんだし、

川を越えたり崖を登ったりのアドベンチャーも味わった。

Laguna Glacial

これでもう諦めてソラタへ帰ろうと思っていた矢先、

ただ一人、

全く諦めずに闘志を燃やしている人物がこのアホ三人の中にいたのだった。。。


スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/157-0a84ad30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。