Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

休息その2 

ラサへと向う西蔵鉄道の中で、日記を書いている。

西寧では様々な人との出会いがあった。

Kumbum

日本人では、就職を控えている大学生、仕事を辞めて長期旅行中の方、留学生、

チベット人では、青海民族大学の学生、ユースホステルのスタッフ、

アメリカ人では、ゴロクの辺境地で英語を2ヵ月教え、これから帰る学生、

漢人では、広東から来た世界中を旅しているバックパッカー、

韓国人では、薬学を勉強しているナイスガイ。

青海民族大学の日本語科の学生とは、チベットの現在について話をした。

漢人以外の少数民族は、基本的に特別招致などがないとパスポートを取得できない。

また、女性の地位が低かったりと、先進国では解決されつつある問題がまだまだ根強い。

せっかく日本語が達者な彼らも、将来の仕事については希望を持てずにいる。

Kumbum


チベタンで日本語が話せても、そのスキルを生かすことが難しい。

なぜなら、

漢人で大方の職業は事足りてしまうからだ。

ガイドはどうか、と単純な質問をしたところ、

それさえ中国普通語が話せる漢人がやれば十分との答えが、

重いトーンの声とともに返ってきた。

一応の共通語である中国普通語と外国語が話せればもはやそれで良くて、

チベット語と外国語が話せてもメリットがあまり無い。

クンブム寺に行ってみたいというと、

大事な授業を二つもサボって、無償でガイドを引き受けてくれた。

自由な立場にいる我々ができることはないかと、考えずにはいられない。

漢人については、

少なくとも自分が出会った人々は、穏やかでやさしく、思慮深い人が多かった。

当たり前だが、人民一人一人が悪意を持っているわけでなく、

組織となったときに、ある者にとっては負の方向にその力が働いてしまうことを憂う。

この旅を通して、

今まで少なからず持っていた差別や偏見の心が、どんどん溶けて無くなっていくのを感じる。

差別や偏見というのは、単純に無知や一種のトラウマ等から来るのだろう。

少なくとも今まで訪れた国の人たちの悪口を言うことなど、

到底、自分にはできない。

また、これも驚いたのだが、

今まで出会ったチベット人の中で、独立を声高に叫ぶ者は一人としていなかった。

彼らはもはや一人の中国人として、

平等で平和な中国という国家を築きあげることを目標として、生きている。

フリーチベットを叫ぶ者は外部者、

平等を要求する者は内部の少数民族、という構図があるように思える。

Funfun at Lete youth hostel in Xi-ning

しかし、

自分は彼らを少数民族のひとつとしてのチベット”民族”と呼ぶには抵抗がある。

どうしてもチベット人と呼びたい。

なぜなら彼らは”文化”と呼ぶには巨大すぎる独自の”文明”を持っているのだから。

彼らに自由が訪れる日が来るのはいったいいつだろう。

「私も、あなたみたいに世界中を自由に旅してみたい。。。」

ユースホステルのチベタンスタッフの言葉が、重く胸に響いた。

His original song by MAXWELL


Iiming at Xi-ning Lete Youth hostel
スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 4  /  China

この記事に対するコメント

No title

いよいよ最初の目的地だね。写真楽しみにしてます。

なんば #- | URL
2009/09/09 23:51 * 編集 *

No title

蟻のように地を這う事2ヵ月弱、ついに来ましたラ(神の)サ(地)です。
バルコルという一角をチベット中から来た大量の巡礼者が時計周りに巡礼(コルラ)する様は圧巻です。
なお、現地情報によるとネパールで取れると思っていたパキスタンビザがダメになったらしいので、バングラデシュかスリランカに行かなくてはならなそうです。
それはそれで面白そうです。

Zack de la Mita #- | URL
2009/09/10 00:45 * 編集 *

No title

いい旅をしてそうですな!定期的に拝見させて頂いてます。
てか、変な日本語教えるなWアナタバカデスカー

よーすけ #- | URL
2009/09/13 00:15 * 編集 *

Re: No title

よーすけ様

閲覧ありがとうです。
なかなか乙なもんですよ、中国。
ジュニアは元気?しかしかわいいよなー。
そういや五年後、どこいくか考えといてねー!

Zack de la Mita #- | URL
2010/02/28 15:58 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/15-991e16ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。