Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

テントが届くまで 

首都ラパスに到着してからの日々を綴るにも、

多くの出来事、出会い、別れがあり、

それらの人々と共有した思い出を纏めるにも膨大な時間を要する。

Lapaz

ラパスに来てからは、

常に誰かと一緒に生活し、行動し、遊び、そして学んでいる。

Lapaz

ホステル「エル・ソラリオ」に到着してからというもの、

ペルーやパラグアイで会った仲間との再会をはじめ、

バンジョー弾きでトレッカーという龍太さんを筆頭に、

楽器を持って旅をしているフランス人、バスク人、ベルギー人、イスラエル人たちと

毎晩のように酒を囲んでの音楽談義。

楽しくないわけが無い。

Lapaz

龍太さんからはバンジョーだけではなくチェスも教えてもらい、はまってしまった。

500円くらいからポータブルな手作りチェスボードがこの街には売られていて、

そのデザインはインカ帝国軍VSスペイン軍という図式のものがほとんど。

Lapaz

その中でもコンパクトなものを買った。

龍太さんは僕と同様カナダで働くつもりなので、再会が楽しみだ。

Lapaz

対戦相手は専ら、ラパス到着初日に出会った香川県からお来しの「まるこ」さん。

今の所、3勝3敗のいい勝負を繰り広げている。

Lapaz

気が向いたときには市内のエル・アルト地区にある泥棒市に出かけ、

本物か偽者か分からないティンバーランドのブーツ(約1000円)や、

ナイキのスニーカー(約500円)、50円もしないTシャツを買い漁る。

Lapaz

ここボリビアには意外と日本人には知られていないが、

素晴らしいトレッキングルートがたくさんある。

95年発行の「Backpacking and Trekking in Peru and Bolivia」 by Hilary Bradt

という古いトレッキングガイドブックを250円程で手に入れ、

日本で使っているお気に入りの一人用テントが届くのを待っている。

老舗のアライテント製の軽いヤツだ。

Lapaz

テントが届くまで映画館に出掛けたり、

おいしくて評判のアイスクリーム屋に出掛けたり、

ラパスののんびりしたムードを楽しむ。

Lapaz

しかし最近は労働者のデモが多くて交通がマヒすることがあり、

三回ほど催涙ガスを浴びてしまった。

Lapaz

夜の八時ごろにマーケットを買い物していると、

商品の山が崩れるのもかまわずに悲鳴とともにみな一斉に屋台を閉めはじめ、

とりあえず走って宿に逃げるも、ガスを浴びてしまい喉と目に痛みを覚えた。

Lapaz

デモ隊の被害に会うのはこの旅行で二回目。

一回目はバングラデシュの首都ダッカ。

大学の前で学生と話していたら棒を持った集団が走ってきたので、

裏路地に逃げ込んだ。

それでもその一派が血走った目をして武器を持ってこちらに走ってくるのが見えたので、

止めてあったトラックの荷台に跳び乗ってやり過ごした。

今でもあの時の恐怖は忘れられない。

今回、催涙ガスを浴びたことでその時の恐怖が蘇った。

Lapaz

ストライキを併発しているのでどうやら労働者による政府への賃上げ要求らしい。

そんな物騒なことも容易に起こりえるのが、

ボリビアやバングラデシュに代表される発展途上国。

ラパスはいろんな意味で、エキサイティングな街だ。

Lapaz

ある時、

映画館で日本の漫画を実写化した「GANZ」を上映するという情報を

まるこさんがどこからともなく入手してきたので行ってみることに。

日本の俳優やジャニーズを熱狂的に支持する学生主体で開催されたイベントらしく、

僕ら日本人は無料で入場することができた。

上映が終わって売店を見物し、ファンたちと写真を撮ったり撮られたり。

売店に並ぶ品はポスターやブロマイド、缶バッジなど

原宿に売ってそうなものだが、明らかにボリビア産だ。

ジャニーズのグループ「嵐」のTシャツを着た女の子三人組を捕獲し、

とりあえずボリビアの日本オタク事情を如実に表すショットを残すことに成功。。。

まあ、そんな感じでゆるい生活を送っている。

Lapaz Arashi

兵庫県出身の24歳のヨシ君、そして香川県からお来しの28歳まるこさん。

この二人とアンデス山脈に乗り込む話がまとまってからは、

トレッキングの準備のためもあって三人での共同生活といった感じだ。


まるこさんに料理を教わり始めてからは、完全にはまってしまった。

今までほとんど料理なんて出来なかったが、

豚骨と鶏がらを煮込んでラーメンを作ったりと、

食材が手に入る限り本気で料理をしている。

Lapaz cook

路上に積み上げてあるスパイスを買って調合し、

特性チャイをみんなに振舞うのも楽しい。

Lapaz Chai

テントが届くのが待ち遠しい反面、

厳しいトレッキングの前のこのゆるい生活をもっと続けていたい心境でもある。


スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

いいねいいね♪なんか楽しそうにしてるじゃん!

いたさん #JalddpaA | URL
2011/04/29 23:34 * 編集 *

Re: タイトルなし

いたさん>ああ、楽しいさ! Life is journey、定期購読してるよ。 世間体とか気にせず、京大大学院めざして猛進してくれ~!影ながら応援してまっせ!

きょうへい #- | URL
2011/05/20 06:11 * 編集 *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2011/05/22 23:24 * 編集 *

Re: タイトルなし

いたさん>ありがとー!!おれも帰国後、大学院いく可能性でてきたよ。お互いがんばろーぜー!

きょうへい #- | URL
2011/05/23 08:49 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/147-f78a8fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。