Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

天国 

カルナバルが続くポトシを後にし、

いよいよ一般的にいうボリビアのハイライト、ウユニ塩湖へと歩を向けた。

ちなみに僕の中でのハイライトは、ラパス以北のアンデス山脈。

雨が降って塩湖が鏡面のようになる時に行くと最高だと聞いていたので、

ウユニの町で雨が降るまで待機した。

カラカラの天気が続いていたが到着四日目に雨が降り、

翌日にはUS$20の日帰りツアーに参加した。

ランドクルーザー2台に14人が乗り込み、

うち一人だけカナダ人のおじさん、他はみんな日本人だ。

Uyuni

舗装されていないデコボコ道をこのデカイ四駆はがつがつと進み、

地平線の彼方にうっすらと光る水面が見えてくる。

いよいよ天国のようだと形容される雨季のウユニ塩湖に突入だ。

Uyuni

上空は濃厚な群青色の空が展開し、

地平線の上には入道雲が平べったく横に伸びている。

塩湖の上を音も無く滑るように車は走る。

Uyuni

みんな言葉を失って360℃広がる幻想的な光景を見ている。

時折、どこからとも無くため息まじりに「天国みたい...」との声が聞こえる。

Uyuni

確かに言葉を失うくらいの綺麗な光景であり、天国みたいだ。

しかし生物が存在しない死の世界でもある。

Uyuni

時折、

フラミンゴの群が上空を優雅に渡っていくのが見えるが、

彼らは人が天国と呼ぶこの地には降り立たない。

Uyuni

今までの旅で見てきた景色とは全く異なる、ここだけにしか無い景色だ。

Uyuni

他の星に行けば似たような景色があるのかな、とか、

むかし熱中していたMYSTというTVゲームを思い出したりしながら、

だらしなく口をぽかんと半開きにして、呆然とこの景色を見つめていた。

Uyuni

スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/144-e4819612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。