Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

富の山のカルナバル 

楽しい三日間を過ごしたLouiseとのコンビだったが、

いつかの再会を約束し、お互い別々の道へ。

彼女は首都ラパスへ、僕はポトシへ。


ポトシはセロ・リコという銀山で栄え南米の富の源泉となった町。

いまだにこの山では悪条件下での過酷な重労働が続いている。

到着した日から運良くカルナバルが始まっていた。

Potosi

町の裏手にどっしりと聳える"富の山"をバックに、

インディヘナたちが豊作を祈って空気の薄いこの町を踊り歩く。

Potosi

久しぶりに一眼レフを構え、パレードの先頭で写真を撮りまくる。

Potosi

水鉄砲や泡スプレーからは身を守れない。

Potosi

抵抗しても仕方が無いわけで、

彼らのオープンな懐に入り込ませてもらい、全力で楽しむことにした。

Potosi

カメラだけは守りつつも水と酒と泡まみれになりながら、

いつの間にかインディヘナのオバちゃんたちと肩を組み、

写真のことなんか忘れてパレードの真ん中でくるくると踊っていた。

Potosi

楽しかった~!ありがとうアミーゴたち!

Potosi

スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

インディヘナ、しびれます。
どこかやっぱり、チベットに似た風を感じる。
民族衣装とか、ずっと古来から続く信仰だとか。

チベットの次にもう一度行ってみたいエリアだなぁ。

相変わらず写真がステキですな。

akamoco #- | URL
2011/04/11 12:35 * 編集 *

Re: タイトルなし

akamoco様

お久しぶりです。
インディヘナ、臭いです(笑

チベットとインディヘナの関係を追及しだすと、
イヌイットとかネイティヴアメリカン、カナディアンも研究しなくてはいけませんね。
まあ、僕なんかはボケ~っとただ妄想を膨らましているだけですが。。。

都会だけでなくアンデスの峰々を彷徨ったりしていても、なにかしら共通のものを確実に感じています。
でもやっぱり僕はチベットのほうが好きかな~。

きょうへい #- | URL
2011/04/27 07:29 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/143-b3627537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。