Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

カサブランカと謎のオーパーツ 

パリのシャルル・ド・ゴール空港を飛び発ち、

紀元前10世紀にその原型ができたという街、カサブランカに到着した。

今では商業都市として北アフリカに君臨するこの白亜の近代都市も、

メディナと呼ばれる城壁で囲まれた旧市街に一歩踏み込めば、

一気に中世へとタイムスリップ。

Cablanca

国民飲料、甘いミントティーをなめずりながら、

迷路のようなメディナを徘徊。

Cablanca

コンパスを見ながら歩いても、

行き止まりがあちこちにあるので思いのほか時間がかかる。

質は分からないが革製品がたくさん売っていて、

メディナ内は色で溢れている。

Cablanca

メディナの外の安宿にチェックインし、

落ち着いていたのもつかの間、見慣れぬものを部屋の中で発見した。

見た目は完全にトイレだが、排水口の様子がおかしい。

これではウン○ができないではないか!!

Cablanca

目隠しのための仕切りがあるので少なからず服を脱ぐものと思われるが、

謎だ。

ムスリムが足を清めるための神聖なオーパーツか?

それとも、小便専用便器?

思い浮かぶ使用目的が両極端すぎて、

ついにこのオーパーツに小便をぶっかけることが出来なかった。


その後に訪れたあちこちの田舎では、

カサブランカ人は金に汚いだの、すぐボッたくるだのと人々は言っていたけど、

そんなこともなく、みな親切で素朴。

田舎に行けば行くほど、人は都市部の悪いイメージを誇張して話すのか?

Cablanca

寝る前には、オランダのWil&Twanにもらったガイドブックの膨大なデータとにらめっこ。

しかし、部屋の片隅に鎮座しているオーパーツが気になって集中できない。

マラケシュよりさらに南にいった所に北アフリカ最高峰の山があるらしく、

とりあえず麓の村が綺麗だということで、軽い気持ちで行ってみることにした。


スポンサーサイト

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/112-51d7bb7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。