Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

休息 

康定から成都に至る道が崩壊。

通常であれば、7時間で到着するはずが、25時間かかった。

四川の山中を縫って走る路は、闇の中、ブレーキランプにより何kmも真っ赤に染まった。

車中ではギターがあれば人気者。

一曲歌うごとにリンゴ、胡桃、チョコが次から次へと巡ってくる。

車が動き出したのもつかの間、我先にと車が突っ込んできては大渋滞。

振り返ると道路はゴミの山。

とある急カーブにて、曲がりきれずに山肌にへばりついて板切れのようになったトラックを見た。

ここ成都に着いた途端、例の謎の老人はぱったりと現れなくなった。

Shit2

その代わりに、

重要な情報収集拠点であり、四川大学生の疲れた脳ミソを癒す”メイド喫茶”にて、

謎のベテラン旅行者から有用な情報を得たために、

セルシュ、ジェクンドといった青海省の主要チベタン拠点を訪れるという予定を変更して、

さらにDeepな外国人非開放地区を経由して、西寧まで至ることにした。

メイドにちょっかいを出しまくっては大声で笑っている日本人を横目に、

興味ないふりをしては、Coolに決めこんでいる四川大学生。

こちらは写真をとったり、ピアノ演奏をリクエストしては楽譜をめくらされたりと大忙し。

こちらがアクションを起こすと、彼らは音もなくゆっくりと近寄ってきては、

シャッターを連射していたのが、可笑しかった。

かれらの呼吸の荒さで酸素が薄くなり、

同行の日本人のタバコに火がつかなかったのは言うまでもない。

さて、

顔に泥とバターを塗り、民族服チュバを買って睨みを利かし、いよいよチベタンに変装だ。

メイド
スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 3  /  China

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/08/25 21:35 * 編集 *

No title

ギターが旅を刺激的にしてるようで・・・、うらやましい。

チベタンに変装した姿みたいですね。

美男子は美女を呼ぶんですね。

なんば #- | URL
2009/08/28 23:43 * 編集 *

No title

お上手ですね。
やっと西寧に到着しました。
1週間ノーシャワーだったので、不本意ながら臭いまでもがチベタンになってしまいました。
この香ばしい臭いをお嗅がせできないのが残念でなりません。。
これからチベット本土へ突入します。

Zack de la Mita #- | URL
2009/09/01 14:52 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://xkyoheix.blog88.fc2.com/tb.php/11-e4013f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。