Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

コパ・カバーナ 


3ヶ月半も滞在して、

いつの間にか2年が過ぎたこの旅行での最長滞在日数を記録したラ・パス。

良かれ悪かれ、

様々な出来事が詰まった濃厚な時間を過ごしてきたが、いよいよ出発する時が来た。

アキさんとはここで一旦お別れ。

彼はブラジルへと旅立つが、カナダで再会できる見込みだ。

La paz

僕の次の目的地はペルー。

ただし、

今ペルーは大統領選挙の真っ只中にあり、ストライキや暴動が頻発。

まずはコパカバーナまで行きチチカカ湖畔を通ってペルーに入国するつもりだけど、

ペルー側のプーノで炭鉱労働者のストライキがあって道を閉鎖しているとの情報。

この辺りは反ケイコ・フジモリらしく、日本人も襲撃されかねないので怖い。。。

ボリビアビザはとっくに切れていて不法滞在中の身だけど、

ほとぼりが冷めるまで気長にコパ・カバーナで待つことにした。


ラ・パスからの道中、

バスの中では隣と後ろの席には、音楽で稼いで旅をしているペルーの若者たち。

チチカカが夕日に染まり、ギターとケーナが情熱的なフォルクローレを奏でる。


コパ・カバーナでは、チチカカ湖が一望できる部屋にチェックイン。

Copacabana

標高が高いと空気が澄んでいるせいか、夕日が一段と綺麗な色を放つ。

Copacabana

町は、こじんまりした田舎の漁村の雰囲気。

Copacabana

昼は湖畔を散歩し、桟橋で昼寝。

Copacabana

夜は美味を求めて徘徊。

Copacabana

牛の心臓の炭火焼「アンティクーチョ」とウォッカで一日を締めくくる。

Copacabana

なんとなくゆる~く三日くらい過ぎたところで、事件発生!

Copacabana

あの男がついに姿を現した。。。


スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。