Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

ヒマラヤ・クエストⅠ 

カトマンズでは日に数回、計画停電がある。

街はほんの一時間程度だけ蝋燭の炎で照らされ、少しだけ喧騒が和らぐ。

先日までこのカオスから離れ、喧騒とは何かを知らない人々が住む地を訪れていた。


「ヒマラヤ山脈」


この地帯に静かに暮らすシェルパ族の村々を訪れること、

チベット側から見た世界最高峰をネパール側からこの目で再び見ること、

世界最長のトレッキングルートを通ること。

この3つが主な目的だ。


旅人は、

賢者「ユウタマエダ」 

主な役回りはルートを見極め、危険を察知し、情報を収集し、

そして財布の紐を盗賊から守ることだ。

彼とはタイのパンガン島、ラオス、チベットのラサですでに偶然会っている。

この冒険の書の筋書きを二人で描いたのは、ラサでのことだった。

そして盗賊「キョウヘイミタザキ」

酒場や宿屋で砂糖を少々、素早くくすねる様はさながら職人だ。

ジリ村を皮切りに、約1ヶ月に渡る壮大な徒歩の旅が始まった。


毎日、数百~千メートルのアップダウンを繰り返しながら少しずつ高度を上げ、

亜熱帯の森林地帯から目的の標高5000m~6000mの寒冷地帯へと距離を縮めていく。

JiriEverest1

すれ違うシェルパの男たちは、皆一様にジリ村から我々と同じルートで荷揚げをしていく。

一人当たり70kgにもなる商品群を背負い、遠く凍りついた地まで売りに行く。

ぼろぼろのサンダルや、時には裸足で、ゆっくり、ゆっくりと歩を進めて行く。

JiriEverest2

ジリ村から先は、途方も無い距離を徒歩で行かねばならない。

険しい山道は車もバイクも通れず、徒歩以外の選択肢は無いのだ。

JiriEverest5

彼らが行かねば、途中の村々の人々の生活は立ち行かない。

今日も彼らはゆっくり、ゆっくり、少しずつ、しかしこの街道と呼ぶには細く危険すぎる道を、

絶えること無く行き来する。

JiriEverest7

女たちはバッティと呼ばれるシェルパ用の雑魚寝宿の切り盛りをしており、

先立つものに乏しい我々のような珍客を、ときには快く、無料で泊めてくれたりもした。

JiriEverest3

この山脈には昔から魔物が住むという伝説がある。

その魔物の吐く毒息により、高地へ赴いた人たちは志し半ばによく倒れたそうだ。

この道中、我々一行もこれに苦しめられた。

JiriEverest12

いわゆる高山病だ。

Jirieverest4

このトレッキングの間でも、

6000m級の「アイランドピーク」へ登頂を仕掛けた日本人女性がこの魔物により死んだ。

JiriEverest6

幸い、自分は標高6000mまではなんともないようだが、

賢者「ユウタマエダ」は5000m付近で体調を崩し、熱と頭痛に悩まされていた。

JiriEverest13

基本的には体格や体力、肺活量などとは全く関係が無く、人はこの病にかかる。


最初の目的地「カラ・パタール」。

ここでは世界最高の峰々にぐるりと囲まれ、さながら神々の座談会の様相を呈している。

とてもこの景観は言葉では語りつくせない。

JiriEverest8

神か、多くの死んだ登山家か、何かしらの妖気を感じずにはいられない。

夜には気温はマイナス10~20℃まで下がり、

カトマンズで格安で買った寝袋の性能を恨んだ。

「カラ・パタール」登頂を終えた直後から、賢者「ユウタマエダ」の様態が危ぶまれた。

しかし、彼の強靭な精神力と命を賭した冒険心により見事克服。

第2の目的地「チョ・ラ・パス」登頂は、今回の旅で最も危険な場所だった。

JiriEverest9

我々にはガイドも荷物を持ってくれるポーターもいないため、基本的に全てDIYだ。

ここはガイドが先導してくれないと氷河の裂け目「クレバス」へ落ちてしまう。

また、このトレッキング中に落石で一人のシェルパの男が死んだ。

しかしこれまでの道程でしっかりと蓄えてあった貯金がここで役に立つ。

JiriEverest11

実は他のいくつかのグループのガイドたちとすでに仲良くなっており、

事前情報入手はもちろんのこと、

「チョ・ラ・パス」登頂当日もいくつかのグループと出くわしたことにより、

後ろから付いて行くことができた。

彼らの無償のガイド精神に感謝する反面、申し訳ない気もするが。

そして最後のハイライト「ゴーキョ・リ」登頂だ。

美しい湖「ドゥードゥー・ポカリ」を横目に、世界最高峰の峰々を再び眺めた。

JiriEverest10

この美しさと感動を表現する文章力を残念ながら自分は持ち合わせていないので、

詳細は割愛。


そして再び喧騒の街、カトマンズに戻ってきた。

1.2倍に膨れ上がったふくらはぎが萎む前にこれから今年いっぱいを使って、

ランタン谷、そしてネパールの北の奥深くにあるといわれる謎のムスタン王国へ、

単独トレッキングをしようと思う。

JiriEverest14


ヒマラヤ・クエストⅠ


*今回の詳しいレポートについては、

ユウタマエダの下記サイトに詳細がUPされている

紀録 -世界一周旅行記録WEBサイト「キロク」-
スポンサーサイト

[edit]

trackback: 0  /  comment: 8  /  Nepal
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。