Hitch the world

-Just a documentary on my journey-

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

訪問者数

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

中国入境 

スストへ来て、早速国境の状況を調査。

バス会社で驚愕の事実が発覚。

明日5月1日の出発は、

バス修理中、そして運転手のビザが未到着のため不可。

5月2日なら万事OK。

予定が狂うのが許せない性格なのか、これにはJulienが怒り心頭。

一日中、イミグレーション、バス会社を何度も往復し、

しまいには中国人労働者の車に乗せてもらうよう交渉する始末。

一日ぐらい待とうよ。。。


夕暮れが迫ると彼は思い出したようにLeicaをかかえて、

近くの丘に登り、写真撮影。

僕は彼の測光係。

「キョーヘイッ!今シャッタースピードどのくらいだ!?」

デジカメの測光機能を使って、最適なシャッタースピードを告げる。

めんどくさいけど、つまらなくはない。


この日、トータル3年間も旅をする予定の日本人青年を発見。

名前はダイスケさん。

この腰の低いナイスガイとカシュガルまで4人で旅をすることにした。

そして、

だらしなく伸びた髪を少し切りたくなった僕は、

中国で切ると角刈りの人民カットになることを恐れ、

ここスストでやってもらうことにした。

15分後、宿のドアをノックしている僕のヘアスタイルは、

まさしく中華人民風のダンディーな角刈りであった。。



5月2日、いよいよ出発の日。

最後の難関、極寒のクンジュラブ峠を越える。

ベルギーから2人、フランスから2人、フランスから1人、日本から2人、カタールから一人、

そして角刈りが独り。

これらのツーリストを乗せたバスは、雪の頂へ向けて予定より2時間遅れで出発した。


砂埃とともに、ぐいぐいとバスは峠を登っていく。

一眠りして気がつくと、あたりは白銀の世界になっていた。

聞こえるのはエンジンと風の音。

ラストボス、クンジュラブ峠は強敵だった。

バスは雪に足を取られ、完全に停止。

気温は何度あるのかよくわからないが、風も吹きすさび、とにかく寒い。

驚くべきことに、ダイスケ氏はなぜかサンダルにタンクトップだ!

いったい、なぜ!?


タイヤの周りの雪をかき出し、小石を見つけては敷き詰め、

せーの!でバスを押す。

中国人のおっさんは中国人のおっさんらしく、あまり手伝わない。

延々、1時間はこれを繰り返しただろうか。

バスはなんとかこの底なし沼から抜け出し、

音の無い白銀の世界に、みんなの大歓声が響いた。

Khunjulab Pass

ウイグルに入って最初の町、タシュクルガンへ到着したのは、

日もとっぷりと暮れた後。

久しぶりの餃子を食って自然と笑顔がこぼれる。

あとは4人一同、泥のように寝るだけだ。
スポンサーサイト

[edit]

ウイグルの地 

中国風に近代化されたタジク人の古都タシュクルガンは一泊のみで、

いよいよシルクロードの要衝、カシュガルを目指す。

Tashikurugan

北京時間とウルムチ時間の2種類の時刻がある新疆では、

バスの出発時間なんて簡単に間違う。

Karakuri lake

案の定、間違えて翌朝のバスを逃してしまった。

仕方無しにタクシーを捕まえ、カラクル湖を経由してカシュガルだ。

Karakuri lake

景色は大草原地帯を抜け、山岳地帯、砂漠地帯、ステップ地帯、

そしてカシュガルへと到着する。

Tashkurugan

この道程の間、写真撮影のためタクシーを何度もストップさせ、

ワンシャッターに5分も10分もかけているJulienに、

とうとう説教大会が開始された。

Karakuri lake

根は最高にいい奴なのだが、

周りが見えなくなる癖は今回に限ったことではなく、

ここで言っておかないと、今後も許容してしまうことになりかねない。

Karakuri lake

ただ彼の写真はかっこいいので、

もっと撮っていて欲しい気持ちもあるが、独りの時にやってくれ!

という論理が働いてしまう。

Shinchuan Uygle

しかし、決して彼は独りになりたがらないので、困る。。。

Tashikurugan

説教大会も収束気味になってきたところで、

車の外の景色は、空気もろとも黄色へと変化していた。

Shinchuan Uygle

この色は何かの写真で見たことがある。

まさしくカシュガルの色だ!

とうとう、何千キロもの道程を越えてカラコルムハイウェイを、

南の端から北の端まで縦断したのだ。

Shinchuan Uygle

以前にここへ来たことのあるダイスケさんの話によると、

旧市街は縮小され、中国風のビルディングが増えてしまったとのこと。

Kashgar

それでも旧市街や職人街が無くなってしまったわけではないので、

迷路のような裏路地を徘徊したり、

久しぶりの中華料理やウイグルの肉料理を堪能して過ごした。

Kashgar

食い物うますぎ。

Kashgar

肉が特に安い。

Kashgar

彼らの主食は肉。

Kashgar

夜の屋台街を徘徊。

Kashgar

ここでJulien、ダイスケさんとはお別れ。

Julienは正月前後に、釜山から船に乗って日本へ上陸する予定。

Kashgar

次の目的地であるクルグズスタン共和国へは、

バスが不通なのでカシュガルからチャータータクシーで国境まで行き、

国境からはヒッチハイクと乗り合いバンを利用し、

クルグズ第二の都市オシュへと向かう。

Kashgar

同じユースホステルに宿泊している香港から来たラウ氏は、

中国の東西南北端を制覇するのが目下の目標。

Kashgar

銀髪の老紳士だ。

Kashgar

国境までは彼のチャーターした車に乗り込むことができ、

考えられないほどの格安料金で国境に到達できた。

がっちりと握手し、ラウ氏にさよなら。

Kashgar

中国側の国境から徒歩でクルグズ側国境までは7Km。

三蔵法師が現れそうな山あいの道を歩く。

巨大な中国のトラックをヒッチハイク。

クルグズ国境を越えると、そこはもう旧ソ連。

曇り空。凍てつく空気。寂れた町。

Torugart Pass

散在する錆びたトレーラーハウス。キリル文字。

ユウタマエダ氏と僕は、

待ち構えていた乗り合いバンに乗り込み、オシュへと走り出した。

Torugart Pass

オシュまでの道は、山岳国クルグズならではのものだった。

雪原を無理やり突っ走る。

Torugart Pass

吹雪の中、バンは雪に足をとられスタック。

Torugart Pass

気温は零下。乗客みんなでバンを押す。

またスタック。手が凍る。吹雪のため視界は10mもない。

抜け出せたのは1時間後。


何事も無かったかのように、バンはまた山道を走る。

朝にカシュガルを出て、オシュに到着したのは夜。

日程については上出来だったけど、疲労感でいっぱい。

死んだようにベッドに横たわり気絶。

いつの間にか朝を迎えていた。

外は土砂降りの雨だった。

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。